Dil to Pagal Hai (2枚組) DVD-0034
  LABEL:Yash Raj Films 1997年作品
英語字幕付き
監督;Yash Chopra
音楽監督:Uttam Singh
キャスト:Shah Rukh Khan、Madhuri Dixit、Karisma Kapoor
特別出演:Akshay Kumar

シャー・ルク・カーン率いるジャズダンス・カンパニーが舞台の話で、振り付けはかのファラー・カーンとシアマク・ダヴァル。
ストーリーよりは、ダンスを見せる映画と言っても良いかもしれない作品です。
マードゥリー・ディクシトはボリウッド界では第1位の踊り手ですが、対抗するカリシュマー・カプールも意外に健闘しています。
もちろん、SRKも持ち前の運動神経の良さで、立派に踊っています。

2枚目のDVDには、Filmfare Awardsでの受賞シーン、メイキング、テレビ用の宣伝フィルム、劇場用の宣伝フィルム、ミュージックビデオなどが収録されています。

【あらすじ】
ラーホール(Shah Rukh Khan)は、とあるダンスカンパニーのディレクター兼ダンサー。
次回公演『マヤ』の練習中に、トップダンサーのニシャー(Karisma Kapoor)がケガをして入院してしまったために、急遽代わりのダンサーを探さなくてはいけなくなってしまった。

ダメ元で近所のダンススタジオを訪れた際、偶然にも美しい舞を踊るプージャー(Madhuri Dixit)という女性を見つけ、そのまま次回公演の主役として出演をお願いする。
初めこそ「趣味で踊りを習っているだけ」と断っていたプージャーだったが、あの手この手で交渉してくるラーホールに段々と惹かれ始め、ついに『マヤ』への出演を承諾してくれたのだ。
彼女の境遇を知るにつれ、自分の設定した次回公演の主役である「マヤ」という少女との共通点を見つけ、徐々にラーホールも彼女に惹かれていってしまう。

それをおもしろく思っていないのはニシャーだ。
彼女はカンパニーのトップダンサーでもあったが、ずっとラーホールに恋していて、数々のモーションをかけていたのにラーホールには袖にされ続けていたからだ。
急速に仲を進展させるラーホールとプージャーだったが、実は彼女にはフィアンセ(Akshay Kumar)がいて、ロンドンから帰ってきた彼にプロポーズされてしまう。

そして、その事実をラーホールに伝えられないまま、ついに『マヤ』の幕が上がる。
はたして3人(4人?)の恋の行方はいかに・・・?
価格  \1,854(税込) 購入数