Titli DVD-0367
  LABEL:Yash Raj Films 2015年作品
英語字幕付き
監督:Kanu Behl
音楽監督:Karan Gour
主なキャスト:Shashank Arora、Ranvir Shorey、Shivani Raghuvanshi

監督のカーヌー・ベヘルは今回が初メガホンで、(役柄のせいか華やかさは無いですが)SRK似の主人公ティトリ役のシャシャンクも新人です。
2014年のカンヌ国際映画祭でカメラドール賞にノミネートされました。最近の傾向として、大物俳優は出演していないけど良質な映画は国内公開よりも先に海外の映画祭で上映されることが多くなったようです。
そういえば沖縄国際映画祭で上映された『Dhonak』もそうでしたね。
大物俳優の出ていない映画は、国際映画祭で箔をつけてからの凱旋公開をしないと観客動員数を伸ばせないということなのかもしれません。

【あらすじ】
デリー郊外のスラムに住むティトリー(Shashank Arora)は、3兄弟の末っ子。
2人の兄と共にカージャックで生計を立てていた。
ティトリーはこの生活から逃げ出したくて、新築ショッピングモールの駐車場管理権(購入すればその駐車場の駐車代金を手にすることができる権利)を購入することを夢見ていた。
その駐車場管理権は、実に30万ルピーという大金。もちろんティトリーはそんな大金を持っていなかったが、長南のヴィクラム(Ranvir Shorey)はカージャックで稼いだ隠し財産を持っているようだった。
ついにティトリーはヴィクラムから30万ルピーを盗み出して逃亡しようとするが、途中で警官に捕まってしまい、そのお金は没収されてしまう。

金を盗まれたことに怒ったヴィクラムは、ティトリーを強制的に会ったこともない女性と結婚させてしまう。
その女性はニールー(Shivani Raghuvanshi)という名前だった。
ニールーにも他人に言えない秘密があり、そのために強制的にティトリーと結婚させられたようだった。
お互いのことを知った2人は協定を結び、しばらくは仮面夫婦として暮らすことを決心するのだった・・・。
価格  \2,472(税込) 購入数